砥石のトラブルと対策

砥石の摩耗が早い
 
   状態:目こぼれ
     原因
       ● 砥粒切込量が大きい(一個当たりのむ)
       ● ボンドが柔らかい
       ● 研削液の希釈倍率が高い
     加工条件
       ● 送り速度を下げる
       ● 砥石回転数を上げる
       ● 切り込み量を下げる
     砥石
       ● 粒度を上げる
       ● 集中度を上げる
       ● ボンドを硬くする
     研削液
       ● 希釈倍率を下げる(濃度を上げる)
 
徐々に負荷が大きくなり加工続けられなくなる
 
   状態:目つぶれ
     原因
       ● 砥粒切込量が小さい
       ● ボンドが硬い
       ● 研削液の希釈倍率が低い
     加工条件
       ● 送り速度を上げる
       ● 砥石回転数を下げる
       ● 切り込み量を上げる
     砥石
       ● 粒度を下げる
       ● 集中度を下げる
       ● ボンドを柔らかくする
     研削液
       ● 希釈倍率を上げる(濃度を下げる)
   状態:目 づまり
     原因
       ● 研削液が加工物と砥石の接触点まで届いていない
          ● 研削液が汚れている
       ● 砥石のチップポケトが小さい
     加工条件
       ● 砥石回転数を下げる
     砥石
       ● 形状を変更する(スリットを入れるなど)
       ● 粒度を下げる
       ● 集中度を下げる
       ● ボンドを柔らかくする
 
     研削液
       ● 供給圧力を上げる
       ● 交換する
 
加工物にチッピングが出やすい
 
     原因
       ● 砥粒切り込み量が大きい
     加工条件 
       ● 送り速度を下げる
       ● 砥石回転数を上げる
       ● 切込量を下げる
     砥石
       ● 粒度を上げる
       ● 集中度を上げる
     研削液
       ● 希釈倍率を下げる(濃度を上げる)